二次的現実

         四百二十八

 

 私は現実の人や事象を、現実に囲繞(いじょう)された人や事象として見ない。現実に目を閉じ、永劫不変の観念境に飛翔しようとする。私の視野には、記憶された理想世界だけがある。もし私が現実のために性格を変えてしまったとしたら、そういう私はもう私ではない。私はどこまでも理想を考える。私は現実の相をもって観念上の理想を喚び起こす媒介とする。

 私の現実認識があまりにみすぼらしいのを気の毒がり、もう少しうわべを整えるよう諷する者があるが、私は耳にもかけない。だれしも現実が見えないことは不幸だと思うだろうが、私は理想にこだわることによって不幸という感情を味わった経験がない。むしろ反対に、この世がパラダイスにでもなったように思われ、理想とただ二人で生きながら彩り鮮やかな極彩色の世界に住んでいるような心地がする。

 それというのも、現実を考慮しなくなると、それに拘泥していたときに見えなかったいろいろのものが見えてくるからだ。人の心の美しさもしみじみと見えてきたのは、理想を思うようになってからだ。現実認識に齷齪(あくせく)していたときにこれほどまでに幸福感を得られなかったのはなぜだろうと不思議に思われる。

 人は記憶の中の理想世界を失わないかぎり、傍らに現実に存在しない人を夢に見ることができる。それどころか、現実の中で生きている現実の人まで夢のような理想の中に見ることができる。現実にそばにいたとき(あるいはいるとき)とはまったくちがった像を作りあげ、いよいよ鮮やかにその姿を見ることができる。醜を美に回帰させることができる。

 すなわち、人や事象を芸術作品として描けば、それらは現実に存在しない作中物と同様なものと看做(みな)しつづけることができるが、逆に私のほうから現実に生きているものに働きかければ、それが何か疑わしい捉えどころのないものと考えざるを得なくなり、そのためにかえってそれらが何か超現実的なものとなる。私はその超現実感を享受し、また同時に、いったいなぜいまそれらが私にそう見えるのかを理解しようとする。私は注意深くそれを見つめる。生まれて初めてそれらを見るように、創造されたばかりのように新鮮なそれらを見つめる。すると、私の感覚の最も皮相な知覚ではそれらは現に存在すると感じはするが、しかしそのために、決して真の現実感を覚えさせないものに還元されてしまう。

 なるほどこれら一連の作業が、世間の言う現実認識の貴重さの所以とされているようだが、注意深く見さえすればという条件を附すなら、記憶された理想世界に生きる人や事象も、同様に、きわめて細部まで、現実のそれらにも増して一層はっきりと見えてくるのである。それ自体が目に映ってくるように、つまり、眺めたり観察したりしないでも、目に入ってくるように見えてくるのである。しかも私の理想の形で。私はこの第二次的な現実に対して、かくも生きいきとした、はっきりとした外形に一つの魂を入れる価値のある作品的な現実に対して、人や事象の真の在りようを現実的なものに見せる無意識の力のようなものを、それこそ貴重で強勇な力を認めたのである。

 

川田拓矢 16歳

 

時代錯誤的な

         四百二十七

 

 時代錯誤的な芸術家だけが創造的でありえる。

 

 

アイデンティティー

          

         四百二十六

 

 日本人にはアイデンティティーがない、などという知識人の発言を聞くと、私は首をひねる。私が長く生きて経験してきたところによれば、アイデンティティーの強烈な所有者は、日本にも外国にも同じ割合で存在する。しかもどんな分野にも確実に存在する。肩書きと権威獲得に人生を費やしたわが国の文化人どもは、外国人のアイデンティティーの輝きはすぐに認めて感服するが、たまさか日本にそのような人物がいると、せっかく築き上げたプライドを身近すぎる存在に傷つけられるのを恐れて黙殺する。わが国では彼らの見解がすべてである。そこで、日本にはアイデンティティーの乏しい人物しかいないという結論になる。

 彼らの敬遠するアイデンティティー豊かな人物というのは、したいことだけをして、いやなことは絶対にしない快楽原理で生きている。その原理は、困難な目標を設定してそれを達成することにある。からだの内部に一つの欲求が生まれると、彼はそこに向かって心身ともにあらゆる努力を惜しまない。彼は『艱難なんじを玉にす』とか『努力こそ人生最高の徳義』などといった堅苦しい倫理観を持っていない。思い定めた快楽の実現を図り、そのために未開の地へ足を踏み入れることに情熱を燃やす。とにもかくにも、『これをやらなくてはならない、やらないと収まらない』という虫が体内にいるのである。時間をかけて、あらゆる手段を尽くし、場合によっては倫理を破壊してまでも思いを遂げようとする。

 その結果彼は偉大な仕事をする。彼の業績を初志貫徹とか、堅忍不抜の成果などという言葉で讃美するのは適切でない。彼はエゴイストではないが、しごく気儘な人間であり、すべてを圧倒する特殊美学を頑迷に持っている。彼は、決意によってことを行うのではない。理路整然としない、また輪郭鮮明でもない美的なヴィジョンが彼の体内に宿り、完成形とおぼしきものが現実的な像を結びはじめる。その過程で彼はえも言えない快感に襲われ、その快感に励まされながら焦点を絞っていく。ヴィジョンはようやく鮮明な像を結ぶ。その像は彼の特殊な美意識によって最終的な手入れを受ける。それが最初のヴィジョンから少しでも逸れていると、彼は不快になる。

 しかく彼の行為はかならずしも合理的に遂行されるのではなく、強いアイデンティティーが包蔵する特殊な美意識、あるいは快感に衝き動かされて進行するという不可解な面を常に持っている。かくなるアイデンティティーの塊である天才を、美意識と快美感を持たない知性人が理解しえずに敬遠するのは理の当然であろう。

 

 

原宿竹下通りの混雑

 

JUGEMテーマ:読書