使命

         四百三十一

 

 倦怠と性的狂乱のあいだを交互に往復していた時代に、私の使命はその時代から脱皮しないことに定まった。

 

川田拓矢0歳