無題

         四百二十九

 

 私の文学は、知性の変容を基とする文明魂は希薄かもしれないが、人間感情の不変とその遵守を基とする文化魂には満ちているだろう。

 

川田拓矢 17歳