精進

         四百二十五

 

 どんなにすぐれたよいものであろうと、他人が見出し、使ってしまったものには熱意を示さず、自分が苦心して見出したものだけに精進するのが芸術家の魂である。