無題

          四百二十四

 

 すぐれた技術なくして、気韻生動はありえない。