孤独

 

         四百二十一

 

 孤独から逃れる手段方法がないとわかっていながらだれかを求めるのは弱さだし、騒ぎや面倒のほとんどはその弱さから持ち上がる。