奴隷

         四百十九

 

 奴隷はどうしても相手をさがして苦しみを訴えたがる。ただそうしたいのであり、またそうしかできないのである。