無題

         四百一

 

 ここで時計を覗いた人も、いずれその時を失い……