無題

JUGEMテーマ:読書
          三百八十七

 

 人は権力悪、あるいは暴力悪に染まっている人物を蛇蝎のごとく忌み嫌うけれども、弱い人間はこれまでの自分の非力な世界からあまりにも遠く離れた不思議な狂気の世界へ、何が善で何が悪か、何が理で何が非か知ることもできない力の世界へ戻るすべもなく連れ去られると、ひたすら権威や暴戻を意識的に振舞いつづけるしかなくなってしまうのである。素性を探れば、彼は蛇蝎ほど力はないとわかる。元来蛇蝎のごとく凶暴な人間は、権力も暴力も必要としない。身に備わった機能で敵を殺せるからである。